「足るを知る人間なんか誰一人いないのが社会で、それでこそ社会は生成発展するのである」三島由紀夫 ”小説家の息子”