「歳月人を待たず」(時は人の都合などお構いなしに過ぎていき、とどまることがないものだ)