「恥らうことが多いだけ、その人は尊敬に値する」” The more things a man is ashamed of