不平は天からうける最大のみつぎ物である   スフィフト「随感録」ガリバーの作者として有名なスフィフトは「不平とはこの腐りきったイギリス社会にとっては、少しでも救われるために天が与えてくれた最大の贈り物なのだ」という意味で言ったと言われています。また、不平不満をもつことこそ進歩や改善の源であるという意味であるとも言われています。不満があればあまり我慢しないで不平を言うのが精神的には一番いいのでしょうが、それでは世の中がうまく回らないような気がします。誰もが、どこかで、ある程度の我慢をする必要があるのでしょうが、皆が公平に我慢をする社会にしたいものです。