”心なしと見ゆる者も、よき一言はいうものなり”吉田兼好 「徒然草」(分別がないと見られている人でも、なかなか良いことを言ったりする)