『あつものにこりてなますを吹く』一度失敗をした者が、その次からはこっけいと思えるまでに用心深くなるさまをいう